学長ご挨拶

広島国際大学 学長 焼廣 益秀

 常翔学園3校目の大学として、保健医療、医療福祉の2学部で開学した本学も、おかげさまで2018年に開学20周年を迎えることができました。その間、学部の増設や教育改革に取り組み、現在では、日本でも有数の健康・医療・福祉分野の総合大学へと発展させて頂きました。さらに2020年4月には健康スポーツ学部の新設および既存分野を健康科学部へ改組することで活動の幅を広げることを構想しており、チーム医療・チームケアを担い、様々な観点から健康寿命の延伸に寄与できる専門職業人材の育成をしてまいります。

 本学の教育における基本理念は、「命の尊厳と豊かな人間性」です。これを平易な言葉で表現したタグラインである「いのちのそばに。ひととともに。」を合言葉に、将来像である「ともにしあわせになる学び舎」を目指しています。これには、学生、卒業生・修了生は勿論のこと、地域や社会の皆様、教職員も含めて凡そ本学とご縁のある全ての方々が本学を学び舎として、ともにしあわせになっていきたい、という本学の強い思いを込めております。

 開学20周年を機に、「ともにしあわせになる学び舎」に向けて、誰もが大学や地域をキャンパスとして学んだり教えたり集い合うことのできる「広国市民大学」がスタートしました。また、地域住民の方とともに健康寿命の延伸を目指すため、子育てのこと、親の介護のこと、病気や障害のこと、その他日常生活上のお悩みについて、地域の皆様が気軽に相談できる「しあわせ健康センター」を設置しました。地域と共に歩む大学として、「ともにしあわせになる学び舎」を目指して、これまで以上に活動してまいりますので、ご理解を頂きますと共に、温かいご支援を賜りますよう何卒よろしくお願いを申し上げます。

広島国際大学
学長  焼 廣 益 秀

~広島国際大学では学園創立100周年に向けて以下の事業を推し進めます。~
  • キャンパス整備事業

    在学生が充実したキャンパスライフを送るためのキャンパス整備に支援できます。

  • 奨学金充実事業

    寄付金を基金とし、運用果実を奨学金として
    経済的に困窮する在学生に給付します。

  • 学校運営支援事業

    学生やご来客はじめ地域の皆様のキャンパス
    利用時の利便性向上のため、東広島キャンパスへのアクセス、および東広島・呉の両キャンパス間のスムーズな移動について、交通網整備事業を推進します。

  • プロジェクト支援事業

    ①広島国際大学チャレンジプロジェクト
     イベント実施型プロジェクト(学生企画実現型)、
    地域課題解決型プロジェクト

    ②「ともにしあわせになる学び舎」プロジェクト
     専門職連携教育(IPE)、広国市民大学

  • 課外活動支援事業

    課外活動を支援します。特定の団体(各学校公認の課外活動団体に限る)に支援できます。

寄付者からの
メッセージ

寄付者からのメッセージです。

学校からの
御礼メッセージ

学校からのメッセージです。

広島国際大学に寄付をする

  • 個人・団体の方の寄付

  • 法人の方の寄付

  • 教職員の方の寄付