校長ご挨拶

常翔啓光学園中学校・高等学校 校長 吉村 仁志

 常翔学園は2022年に創立100周年を迎えます。1922年10月に現在の大阪工業大学と常翔学園中学校・高等学校の母体となる関西工学専修学校が開校されました。この100年の間には第2次世界大戦を初め多くの出来事がありましたが、わが常翔学園はその時代時代で世の中に貢献してまいりました。

 私ども常翔啓光学園中学校・高等学校も1957年に開校しまして、2007年に学校法人常翔学園と連携協定を結び、2013年4月から学園設置学校になりました。2017年には学園上げての開校60周年のお祝いをいたしましたところ、多くの卒業生が来校されて校友を深められたことを大変嬉しく感謝いたしております。

 常翔学園発展の最大の証は卒業生の活躍であります。学園の建学精神を受け継ぎ、創立以来多くの優れた卒業生を世に輩出してまいりました。彼らの活躍なしに学園の発展は語れません。啓光学園時代の卒業生も常翔学園の歴史と伝統と実績を受け入れてきました。

現在、学校法人常翔学園は3大学2中学校高等学校を有する日本有数の学園組織であります。これからも学園教職員は教育に対する真摯な取り組みとさらなる努力をして、確固たる学校組織を築き上げ社会に貢献して参ります。

 さらに学園の教育を充実したものにするために、卒業生、ならびに関係各位の皆さま方にお願いしたい儀がございます。これまでも皆さまには多大なご支援、ご鞭撻をいただいておりますが、本学園のますますの発展とこれから学ぶ学生と生徒の支援として、100周年記念募金を重ねて願いしたいと考えます。何卒この趣旨をご理解いただきましてご協力の程よろしくお願い申し上げます。

常翔啓光学園中学校・高等学校
校長  吉 村 仁 志

~常翔啓光学園中学校・高等学校では学園創立100周年に向けて以下の事業を推し進めます。~
  • 奨学金充実事業

    寄付金を基金とし、運用果実を奨学金として経済的に困窮する在校生に給付します。

  • 学校運営支援事業

    教育活動拡充を目的とした「グラウンド全面人工芝」化を実現するとともに、長年使用し経年劣化した体育館の一部を改修し、建学の精神に則った人材育成の現場としてあり続けることを目的とする。

  • プロジェクト支援事業

    教育環境充実・満足度UPプロジェクト
     ①ICT教育環境の整備
     ②3号館(音楽棟)の整備
     ③クライミングウォールの活用

  • 課外活動支援事業

    課外活動を支援します。特定の団体(各学校公認の課外活動団体に限る)に支援できます。

寄付者からの
メッセージ

寄付者からのメッセージです。

学校からの
御礼メッセージ

学校からのメッセージです。

常翔啓光学園中学校・高等学校に寄付をする

  • 個人・団体の方の寄付

  • 法人の方の寄付

  • 教職員の方の寄付