学長ご挨拶

大阪工業大学 学長 益山新樹

 今年2019年、大学創立70周年という一つの節目を迎えた大阪工業大学は、これまでにのべ107,887名(2018年度終了時)もの卒業生・修了生を社会に輩出してまいりました。淵源である1922年創立の関西工学専修学校の建学の精神「世のため、人のため、地域のため、理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人を育成する。」を継承しつつ、時代の変化に伴う社会からの要請に応えるべく、母体である工学部に加えて情報科学部・知的財産学部・ロボティクス&デザイン工学部を設置し、それぞれの大学院研究科とともに、学生教育、ならびに、研究活動を通じての人材育成とイノベーションの創成に注力してまいりました。

 ところで、少子化の進行や文教予算の面など、我が国の大学は厳しい局面を迎えております。そのような状況の下で本学では、これまで先人が築かれた伝統と実績を礎(いしずえ)として、この先の「予測不可能な時代」において社会が必要とする「フィールドスペシャリスト」〜実践的技術を身につけ、主体的に行動でき、未来を開拓する専門職業人〜を育成すべく、大学創立100周年に向けての持続可能な発展を目指して、さまざまな挑戦を続けてまいります。

 “be proud of OIT”、すなわち「大阪工業大学卒業生としての矜恃」を抱いて、本学で学んだ知識や経験を糧に実社会で活躍できる学生を育てたい、と考えておりますが、そのためには教育研究活動を支える健全で安定した財政基盤が必要であることは、改めて申すまでもありません。大学としての自助努力は継続してまいりますが、卒業生・修了生の皆様方からのご支援が不可欠でございます。現在の厳しい社会情勢のもとでのお願いとなり誠に恐縮ではございますが、大阪工業大学の一層の発展・充実を図る挑戦へのご支援・ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

大阪工業大学
学長  益 山 新 樹

~大阪工業大学では学園創立100周年に向けて以下の事業を推し進めます。~
  • キャンパス整備事業

    在学生が充実したキャンパスライフを送るためのキャンパス整備に支援できます。

  • 奨学金充実事業

    寄付金を基金とし、運用果実を奨学金として経済的に困窮する在学生に給付します。

  • 学校運営支援事業

    大阪工業大学が進める教育研究活動等をご支援いただく募金です。諸活動に必要な経費に充当します。なお、具体的な使途の指定はできません。

  • プロジェクト支援事業

    ①OITグローバル人材育成プロジェクト
     国際PBLプログラム、海外ラボ体験プログラム、海外研究支援プログラム、海外インターンシップ支援 など
    ②OIT学生チャレンジプロジェクト
     人力飛行プロジェクト、ソーラーカープロジェクト、学生フォーミュラプロジェクト、ロボットプロジェクト、ロボカップ@ホームリーグプロジェクト など
    ③OIT地域連携推進プロジェクト
     奈良県川上村・十津川村地域活性化プロジェクト、大阪市旭区・枚方市等連携推進プロジェクト、梅田キャンパス地域連携プロジェクト など

  • 課外活動支援事業

    課外活動を支援します。特定の団体(各学校公認の課外活動団体に限る)に支援できます。

寄付者からの
メッセージ

寄付者からのメッセージです。

学校からの
御礼メッセージ

学校からのメッセージです。

大阪工業大学に寄付をする

  • 個人・団体の方の寄付

  • 法人の方の寄付

  • 教職員の方の寄付